【VALORANT】自己蘇生!炎を操るデュエリスト『フェニックス』の性能を解説!

VALORANT 記事一覧

こはく
こんにちは!こはくです。

不死鳥の名を冠したイギリス出身のデュエリスト『フェニックス』

デュエリストとは:対面性能が高く、キルが稼ぎやすいアビリティを中心に構成された戦闘向きのエージェント
その名の通り、炎を操るアビリティーや自己蘇生をすることのできるアルティメットを持ったエージェントです。
スポンサーリンク

フェニックス:デュエリスト

アビリティー

【C】Ability 1 「ブレイズ Blaze」

触れると敵にはダメージを与え、自分には回復効果を与える炎の壁を作り出すアビリティー。

  • 0.25秒毎に10ダメージ
  • 最大72HP分回復
  • 持続時間:6秒
  • コスト:200

【Q】Ability 2「カーブボール Curveball」

フラッシュバンのような効果の火の玉を出すアビリティー。

コーナーなどでカーブさせることができる。

  • 0.5秒後に爆発
  • デバフの効果時間:0.05~0.8秒
  • コスト:100

【E】Signature「ホットハンズ Hot Hands」

フラッシュバンのような効果の火の玉を出す。コーナーなどでカーブさせることができるアビリティー。

  • 0.25秒毎に15ダメージ
  • 最大48HP分回復
  • 持続時間:4秒
  • コスト:Free

アルティメット

【X】Ultimate 「ラン・イット・バック Run it Back」

フェニックスの現在位置にマーカーを設置するアルティメット。

このアビリティーの使用中に倒されるか、一定時間が経過すると、フェニックスはこのマーカーの位置にHPをすべて回復した状態で帰還する。

  • 効果時間:10秒
  • 復活モーション:1秒
  • スタック数:6

フェニックスの強い点/長所

【C】ブレイズや【E】ホットハンズの汎用性抜群!

【C】ブレイズの炎の壁は、瞬時に生成することができるため対面でも味方のサポートでも使用できる使い勝手の良いアビリティ。

【E】ホットハンズの炎のゾーンで、敵を牽制することができる。

【X】ラン・イット・バックで強気な攻めが!

【X】ラン・イット・バックのビーコンによる自己蘇生により強気な攻めができるようになる。

フェニックスの弱い点/短所

【Q】カーブボールは慣れが必要。

【Q】カーブボールの扱いが意外に難しく、慣れが必要です。

また、このアビリティーは味方に迷惑をかけてしまうこともあるので注意が必要です。

【E】ホットハンズは味方にもダメージあり。

【E】ホットハンズは、範囲内の味方にもダメージを与えるため注意が必要。

まとめ

フェニックス攻撃とサポートを両立できるアビリティを備え、自己蘇生さえできる不死鳥の名にふさわしいエージェントです。

初心者にも比較的扱いやすいエージェントで、攻めとサポートの両方の練習ができるため、慣れるための練習用エージェントとしても最適と言えるでしょう。

汎用性の高い扱いやすいエージェントなので、ピック数も多くなりそうなエージェントの1人です。ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク
>お問い合わせ・仕事依頼

お問い合わせ・仕事依頼

お仕事のご依頼や、サイトに関するお問い合わせは、以下のお問い合わせフォームよりお願いします。

CTR IMG