【Logicool G403 レビュー】手のフィット感が凄い!コスパもいい右手用ゲーミングマウス!!

こはく
こんにちは!こはくです。

ゲーミング製品を発売するメーカーも増えてきている中で圧倒的な人気を誇るLogicool G。一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
手の出しやすい価格のコスパが考えられた製品から大会などに参加する競技者向けの製品まで幅広い価格帯やスペックの選択肢がLogicool製品にはあります。

今回の記事では価格が抑えられているにも関わらず、ゲームの世界大会でも使用者がいるほどの右手用ゲーミングマウス Logicool G403 Prodigyをレビューしていきます。

スポンサーリンク

スペック

ブランド Logicool G
マウスデザイン 右利き用
センサー方式/型番 オプティカル(光学式)/PMW3366
DPI 200~12000dpi
最大加速 40(G)
最大速度 300IPS
レポートレート 1000hz(1ms)
カスタマイズ可能ボタン 6
耐久性 2000万回クリック
寸法 124(D)mm x68(W)mm x43(H)mm
重量 90+10(オプショナルウェイト)g
ケーブル長 2m
ソフトウェア Logicool G HUB
互換性 Windows 10/Windows 8.1/Windows 8/Windows 7

このマウスには左右のサイドにラバーグリップがついていて、ゲームプレイ中に快適性が長く続くように右手の形状に合わせて成形されています

センサーにもスペックの高いものを使用していて、非常に精確かつ一貫性のあるこのセンサーは、反応が速くターゲティング精度が高いです。

専用ソフトウェアでDPIは200~12000まで設定できます。(設定でクイック切り替えも可能)レポートレートは最大1000hzに対応です。

本体重量は90gで付属の10gのウェイトにより重量を好みに調節できます。

耐久性は2000万回クリック、フィートは250kmです。

外観チェック

▼マウス本体はこんな感じです。黒を基調としたシンプルなデザインですね。

▼裏面はマウスソールが上下に2つあり、真ん中にセンサー、その下にウェイトを入れるためのマグネットがついています。

▼左サイドはカスタマイズ可能なボタンが2つあり、ラバーグリップがついています。

▼右サイドはこんな感じです。左サイドと同様にラバーグリップがついています。

使用感があってすいません。実はこのG403は自分が初めて買ったゲーミングマウスで、家電量販店で実物を試して1番手にフィットしたものがG403でした。値段も比較的お手頃な価格だったので購入しました。

▼外観はほぼ黒1色でマウスホイールの真ん中とGと書いてあるロゴが光ります。

全体的に黒1色のシンプルなデザインでかっこいいですね。ロゴやマウスホイールのLEDもゲーミングマウスって感じでいいアクセントになっています。

外観についてはこれといった特徴はないですが非の打ち所がないデザインです。

専用ソフトウェア Logicool G HUB

Logicool G製品は専用ソフトウェアLogicool G HUBでLEDの光り方やキー割り当てなど様々な設定をすることができます。このLogicool G HUBを使った設定項目の簡単な説明やおすすめ設定をご紹介します。

まずはLogicool G HUBをダウンロードします。

Logicool G HUBのダウンロードはこちら

▼Logicool G HUBを起動してG403を接続するとこのような画面が出るのでG403を選択します。

▼開くとこのような画面になると思います。太陽のようなマークの項目はLEDの光り方を設定できます。1680万色の中からお好みの光り方に設定できるので試してみてください。

▼その下の項目ではキー割り当てを変えることができます。マクロやアクションも設定できます。ゲーム目的の方はとりあえず変える必要はありません。

▼さらに下のこの項目がゲームをする上で必須の設定項目になります。画像のようにDPIは400のみに設定してください。(画像の3200は後で解説)そしてレポートレートを1000に設定します。

以上が設定項目になります。

おすすめ設定をまとめると

  • 感度設定項目でDPI400のみに設定
  • 同じく感度設定項目でレポートレート1000に設定

です。画像ではDPI3200とも表記されていると思います。これは高いDPI設定に切り替えられるようにしたい方向けの設定です。これは特殊な使い方でクリップを撮りたいときにDPIをあげて面白いクリップにしたり使い方は様々です。普通にゲームをする上では全く必要のない設定で、たまにDPI切り替えボタンに手が当たり急に高感度になるときもちらほらあるので基本的にはDPI400のみで大丈夫です。

このおすすめ設定のDPIやレポートレート設定ではなく自分がこの設定にしたいというのがあればぜひそちらの設定をお使いください。pcゲーム初心者でゲーミングマウス初めてという方はぜひ参考にしてみてください。

使ってみた感想

では使用感について話していこうと思います。いろいろのパソコン作業やゲームで試します。ゲームはfortniteとapex legendsをプレイします。

持ち心地や使用感

ゲームの前に持ち心地や使用感について話していきます。

まず持ち心地についてですが右利きの方であればトップクラスでいいと思います。自分も右利きで、家電量販店でいろいろなゲーミングマウスを試してみてもこのマウスほど手にフィットするマウスはほとんどありません。特にかぶせ持ちの方におすすめです。持ち心地の快適さはマウスの中でもトップクラスだと感じました。

使用感についても持ちやすさからくる快適さ、ゲーミングマウスとしての反応の速さでとても良いです。またマウスホイールのスクロールがスムーズでとても心地よいです。

ゲームで試した感想

続いてはゲームで試します。試すゲームはfortniteとapex legendsです。

fortniteで試した感想

まずはfortniteで試していきます。

fortniteでは重量が90gというのがネックにでて、重く感じました自分はローセンシで普段fortniteで使っているマウスがfinal mouseという超軽量マウスなので重く感じたというのはあると思います。

finalmouse紹介記事

こんにちは!こはくです。 去年の夏にあったfortniteの世界大会がありました。日本の選手も大活躍でfortnite業界は大盛り上がりでした。 そして世界大会の優勝者はbughaという選手なのですがエイムや立ち回りはもちろんのこと[…]

90gは数値的には重いマウスではないので試す時間をもっと伸ばしていれば慣れて重さを感じることは無くなったと思います。
実際に自分の友人がこのマウスを使用していて多数実績を持っているので、このマウスは競技者レベルの方にもおすすめできるマウスです。

apex legendsで試した感想

次はapex legendsで試していきます。

apex legendsでは重量の違いは最初は違和感でしたがすぐに慣れました。apex legendsでの使用感はとても良かったです。マウスの持ちやすさがとても安定したエイムと視点移動を生み出してくれましたたくさんのゲーミングマウスを試していますがここまで手にフィットするマウスはなかなか無いのでこのマウスはapex legendsにおいて最高のパフォ-マンスを発揮してくれました

apex legendsではキャラコンが大事になってくるので視点移動がキレイにできたこのマウスはおすすめできます。

まとめ

メリット

  • 右手用に成形されていてフィット感最高!!
  • 競技者レベルにもおすすめできるスペック
  • 高いカスタマイズ性と耐久性
  • 価格がお手頃でコスパ〇
  • 家電量販店で試すことができる

デメリット

  • 左利きの方は使えない
  • 最新ゲーミングマウスに比べるとやや重め

G403は手のフィット感がとてもよく、ラバーグリップもついているので持ち心地が最高のマウスです。スペックやデザインも申し分なく、価格もお手頃なため、初めてのゲーミングマウスにピッタリな製品だと思います。

Logicoolは人気が高く、ソフトウェアもしっかりとしているメーカーで、それが生み出すG403のカスタマイズ性やスペック、コスパは凄いと思いました。初めてゲーミングマウスを買う方は特にG403をおすすめします!

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
>お問い合わせ・仕事依頼

お問い合わせ・仕事依頼

お仕事のご依頼や、サイトに関するお問い合わせは、以下のお問い合わせフォームよりお願いします。

CTR IMG