【HSV321 レビュー】高コスパ!youtubeを始めたい方にピッタリなキャプチャーボード!

こはく
こんにちは!こはくです。

最近はゲーム実況を始める方もどんどん増えてきて、ますますゲームも盛り上がってきています。

この記事をご覧の方はゲーム実況を始めたいと思っている方が多いと思います。

ですがps4やswitchのゲーム配信をするにはキャプチャーボードというものが必須です。(ps4単体でも配信はできますが、画質が悪く、ゲームが重くなることがあります)

そんな方にとってもおすすめなキャプチャーボードの『HSV321』という商品をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

キャプチャーボードとは?

キャプチャーボードとは、簡単にいえばps4やswitchなどのゲーム画面をpcに取り込むための物です。

ですが、キャプチャーボード単体で配信ができる訳ではありません。

pcにゲーム画面を取り込むことでそのゲーム画面をpcで録画したり、youtubeなどで配信することができます。

キャプチャーボードはHDMI端子であれば映像を取り込めるのでiPhoneでHDMI出力をすればiPhoneの映像を取り込めますし、pcがふたつあれば片方のpcで映像をHDMI出力してもう片方で映像を取り込めば2pc配信なんかもできます。

キャプチャーソフトが必須!

上の画像はキャプチャーソフトと呼ばれるもので、キャプチャーボードで配信や録画を考えている方は必須のソフトです。

画像のソフトは「OBS」といって無料で使える定番のキャプチャーソフトです。

「OBS」を使ったHSV321の設定方法についての詳細は下記の記事にてご紹介しています。

HSV321設定方法

こんにちは!こはくです。 前回の記事で格安のキャプチャーボードHSV321の紹介記事を投稿しました。 [sitecard subtitle=紹介記事 url=https://kohakuuoxou.com/hsv321/ tar[…]

2種類のエンコード方式

キャプチャーボードにはソフトウェアエンコード方式とハードウェアエンコード方式の2種類あります。

ソフトウェアエンコード方式

ソフトウェアエンコード方式はキャプチャーボード上に表示する映像の遅延が少ないのが特徴です。

ですがpcの要求スペックが高く、負荷が大きいのでスペックの低いパソコンではまともに動かないこともあります。

ハードウェアエンコード方式

ハードウェアエンコード方式はpcにかかる負荷が少なく、要求スペックも少ないのが特徴です。

デメリットとしては基本的に製品付属のキャプチャーソフトを使わないといけないことです。

今回ご紹介する『HSV321』はソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードです。

HSV321:スペック

ブランド TreasLin
サイズ 9.5×6.3×2.2cm
商品重量 118g
解像度 fullHD(1920×1080)
フレームレート 25/29.97/30/50/60
型番 HSV321
OS mac.Linux.windous10.8.7
ストリーミングメディア OBS.XSplit.PotPlyer,
対応プラットフォーム youtube.twitch.skype.ツイキャスetc…
対応デバイス ps4.switch.wii.xbox.スマホ。カメラetc…

またHSV321はパススルーに対応しています。

この商品は「HSV321」以外にも「ARX321」「Basicolor321」など様々な呼び方があるそうです。

値段は執筆時点で10999円でとてもリーズナブルな価格をしていてお買い求めやすい価格のキャプチャーボードです。

開封&付属品チェック

開封

キャプチャーボード本体は衝撃から守る梱包がされていました。

金属筐体で高級感がありながらとても軽いです。

赤と黒の色合いもとてもかっこいいですね!

付属品

同梱物は

  • キャプチャーボード本体
  • USBケーブル
  • 取扱説明書
  • 保証書

取扱説明書はなぜか「HSV322」と表記されていて謎ですが、説明書自体は結構しっかりしていて分かりやすかったです。

ケーブルは線が布巻になっているものです。正直もっと長いケーブルが良かった…。

ゲーム配信をしてみた感想

実際にゲーム配信をしてみました。

配信プラットフォームはyoutubeでプレイしたゲームはApexLegendsです。

パススルー機能が最高!!

HSV321はスペック紹介のときもお伝えした通り、パススルー機能に対応しています。

この値段でパススルー出力対応は凄すぎます!

パススルー機能とはゲーム画面をpcに取り込むと同時にモニターにも出力する機能です。

パススルーでモニターに出力されるゲーム画面には遅延がないため、fpsゲームや音ゲーの配信をする方には必須の機能です。

色合いが若干変わる!?

ポケモンのゲームをしていて気付いたのですが若干ですが全体的に黄色くなる気がします。

ですがほんとに誤差の範囲でゲームに支障がでることはほとんどないし、配信でも気付かれることは無いと思います。

どうしても気になる方はキャプチャーソフトなどで調整すれば自分が求める色合いに近づけると思います。

自分はこのまま使っていきます。

画質もフレームレートも文句なし!

HSV321は1080p60fpsなので必要十分は満たしています。

4kは対応していないですが、4k録画や4k配信をされる方はほとんどいないと思います。

画質ももちろん綺麗で60fpsなのでぬるぬる動いてくれています。

かくかくすることも今のとこ無いので正常に動いてくれています。

10000円台でこの画質はコスパ最高だと思います。

まとめ

  • 10999円で1080p60fpsの綺麗でぬるぬるの映像
  • パススルー機能で遅延のない映像
  • 全体的にほんの少しだけ黄色っぽいがよく見ないと気付かない程度

とても10000円台とは思えない性能でyoutubeなどで配信や動画投稿を始めたい方にはピッタリな商品で、十分に満足のできる商品でした。

こはく
初めての動画配信や動画投稿にピッタリ!
ぜひ試してみてね!
スポンサーリンク
>お問い合わせ・仕事依頼

お問い合わせ・仕事依頼

お仕事のご依頼や、サイトに関するお問い合わせは、以下のお問い合わせフォームよりお願いします。

CTR IMG